モッサンの思い出し笑い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第13話 爆発?

モッサンとガマは愛犬(タラとムク)をひきつれて、いつものように山へ繰り出し、人造湖のほとりで休憩した。折りたたみ式のカセットコンロを持ってはいたが、あえて焚き火をした。
「焚き火にガスボンベを放り込んだらどうなるか」を検証するためだ。
けっこう盛大に燃えている焚き火に、ドーム型の未使用ボンベを投入し、急いで森に退避して様子を見た。
すると、あろうことか、ガマの愛犬「ムク」が焚き火の周りをウロウロしているではないか。
ガマは大声でムクを呼んだ。しかしムクは飼い主の言うことなど聞かず、缶詰の空き缶に執着していた。

突然!想像を遥かに上回る大音量で焚き火が(ボンベが)爆発した。
ムクが飛び上がった。

犬が四つ足を伸ばしたまま飛び上がるのを、モッサンは初めて見た。

焚き火があった場所には、ボンベも焚き木も炭も何もなく、直径40センチ、深さ10センチのクレーターができていて、湯気が出ていた。
あれだけ盛大な焚き火が一瞬で消滅したのである。大した威力だ。

問題はそれからで、飛び散った焚き火のかけらがあちこちで煙を上げていて消火活動が大変だった事と、飛び上がったムクが山の中へ逃げてしまって数時間出てこなかった事。

それにしても、ハンパじゃない爆発だった。

どうかマネしないで欲しい。


懲りないモッサンたち。今度は「花火を自作しよう」と計画した。
地道に「爆竹」を解体し、中の火薬を取り出し、それを大きめに作った新聞紙の筒に詰め込み、導火線をつないで完成。

点火してみた。

「シュウウウウウ・・・・」と上から下へ燃えただけで、爆発しなかった。
失敗である。今思えば「密閉度」が足りなかったのかな?と思う。

ここまではよかった。

それでも懲りない面々は、とうとう「黒色火薬をつくろう」と企画した。
何故かガマが材料と配合割合を知っていて驚いた。「硝酸カリウム」「硫黄」「炭」をある割合で混ぜるだけである。

ほぼ無人の化学室。その隣が「化学準備室」で、薬品庫の鍵が放置してあるのをモッサンたちは知っていて、目的の材料は難なくゲットできた。

「マーブルチョコレート」の筒型容器に、調合した火薬を詰め込み、爆竹の導火線をつないで完成した。

もう見た目ダイナマイトである。

外があいにく雨だったので、普段使われない「第二体育館」のど真ん中にダイナマイト(笑)を置き、点火した。

「ドッカーン」・・・とはいかず、やはり「シュウウウウゥゥ・・・」と上から順次燃えていった。
前回と違ったのは「副産物」の発生で、線香花火のような「火の玉」を周囲に撒き散らしたことである。
体育館の床に火の玉が次々に落ち、焦げて黒くなってゆく。
モッサンとガマはただ見ているしかなかった。

体育館の真ん中に大きな焦げあとをつけてしまったモッサンとガマは燃えカスを回収し、逃亡した。

「停学」か、悪くすれば「退学」もありうるな、と思っていたが、次の日の朝礼で、生活指導の先生が

「第二体育館でタバコ吸った奴がいる」「何故床で消す?」みたいな、どの道理解できない事をおっしゃっていた。

モッサンは思い切って手をあげ、正直に打ち明けた。ということは全然なく、「タバコ吸ってないし」と自分に言い聞かせ、やりすごしてしまったのである。

自分がやった事の重大さは後になるほど身にしみてくる。

今は廃校になったと聞く母校の体育館の真ん中には、まだあの焦げ後がのこっているのだろうか。

※危険だし、犯罪です。後悔するのでマネしないでね。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<第14話 埋蔵金 | ホーム | 第12話 ウエポン>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。