モッサンの思い出し笑い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第17話 ツナギ襲来

第17話タイトル2
ここで言う「ツナギ」とはモッサン地方の呼び名である。

「小型の虻(アブ)」の事で、夏の山で忌み嫌われる存在だ。

「何だアブか」と言われるかもしれないが、コイツのせいでモッサンは2度も大変な目に遭っているのである。

【1回目】

母親の原付(パッソル)を無断で借りて(もちろん無免許)後ろに弟を乗せて林道をツーリングしていた時のこと。

林道なので基本砂利道である。3キロほど走ると弟が「ケツ痛てェ」と言い出した。モッサンはスクーターを停め、休憩する事にした。

2~3匹のツナギが足元を飛んでいるのを手で払いながらジュースなど飲んでいるうちに、チクチク刺され始め、気がつくとツナギは数百匹の大群になっていた。

これはさすがにヤバイと思ったモッサンは撤退を決意。急いで弟を後部に乗せ発進・・・

ウィリー!!!

身の危険を感じた弟は咄嗟にスクーターから飛び降りたが、重量が減ったのでスクーターは加速。ほぼ垂直に立ち上がった車体は横に倒れ、モッサンの左脚に落ちた。

「脚、もげた」とモッサンは思った。

当時のスクーターはステップが鉄板状に平らになっており、それがギロチンのようにモッサンの足首に落ちた訳で、どう考えても無事なハズがない。

火事場の馬鹿力で、腕力だけでスクーターを退かし、左足首を見てみた。

足首の皮膚がかなり奥までめり込んでいて、その奥に骨が見えていた。やがてせきをきったように血と痛みがあふれ出してきた。
「ギャー!!!」
モッサンはすぐ近くにながれる沢へ「ケンケン」で走って飛び込み、傷口を沢水に浸した。何故そうしたのか未だにわからないが、沢水がピンクに染まったのを今でも鮮明に憶えている。

弟は呆然、兄は激痛を堪えて沢の中。それでもツナギは容赦なく二人の血を吸いまくる。

(これを地獄と呼ぶのだろうか)とモッサンは思った。

鬼のように痛かったが、またケンケンでスクーターまで戻り、今度はゆっくり発進。その間にも数ヶ所刺されたが、刺された痛みなんて全く感じなかった。

無事に家に帰還を果たしたが、スクーターのステップは血だまり。水で洗い流した。

気になる患部は、肉が所定の位置に戻っており骨は見えていない。奇跡的に骨折もしていなかった。

モッサンはこの傷をオロナインで治したのである(笑)だって病院行けば色々バレるし、縫うのも絶対イヤだった。完治まで3ヶ月もかかったのだった。




【2回目】

モッサンは、上流の砂防ダム落ち込み部で銛を片手に潜り、イワナやヤマメの捕獲作戦をしていた。

すごい数の魚が泳いでいて、特にヤマメは美的に優れていて、モッサンは銛で突くのも忘れてしばらく浮遊していた。水中メガネにシュノーケルを装備していたので、ずっと水中を見ている事ができた。

そのシュノーケルに「コツン・コツン」と何かが当たっていて、いや、その「何か」が何かモッサンは分かっていたが、確認のため水中から顔を出してみた。

ああ・・・真っ黒・・・

これって、何万匹いるんでしょうね・・・という勢いのツナギの塊であった。

ツナギたちは一瞬でモッサンの頭や顔にピタピタととり付き、モッサンが急いで水中に逃げるまでのわずか2秒ほどの間に5ヶ所ぐらい刺された。

下は魚天国、上はツナギ地獄。たま~に背中とかが水面に出ると、すかさず刺してくる。完全に「待ち」状態ですな。

しばらく膠着状態が続いたが、やがてモッサンに限界がおとずれた。

水が冷たくて身体が冷え切ってしまったのである。

30センチぐらいのヤマメを1匹仕留め、「せーの」で一気に川から上がり、全速力で走って自転車にまたがって逃げた。

やはりツナギの群れは追ってきてあちこち刺したが、500mぐらい走ったところで急に1匹もいなくなった。ツナギには行動半径があるのだろうか。

やれやれ、一件落着・・・とはいかなかった。

突然目まいと吐き気がモッサンを襲ったのである。真夏で暑いはずなのに寒気が全身を覆い、モッサンはフラフラになってやっと家に帰り着いた。

すぐに風呂へ行き、熱い湯に浸かること実に2時間。やっとまともに動けるようになった。

おそらくは「低体温症」。冷たい川の水に入りっぱなしだったのが原因だろう。

あんなに具合が悪くなるもんだとは・・・

 

ツナギ恐ろし!

 

PS.ツナギでも、アナフィラキシー・ショックがあり得るそうです。

真夏は山より海にいきましょう(笑)

スポンサーサイト
未分類 | コメント:12 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。